ブラインドのロールスクリーンの開閉方法について

ブラインドの種類の1つにロールスクリーンがあります。オフィスやビジネスホテルなどによく設置されることが多いタイプになります。1枚の布をロールのように巻きつけてあり、巻きついてある布を引っ張れば窓を覆い隠してくれる布がのび、使用しない場合は巻きつけて収納します。このロールスクリーンですが、開閉方法にも3パターンがあります。一番多く見かけるのがチェーン式になります。チェーンを引くことで布の上げ下げを行うことができます。開閉事態に時間は多少かかりますが、好きな位置で布を止める事ができるため一般的に多く使用される方法です。次にワンタッチ式タイプの開閉方法です。チェーン式と似ていますが、一度チェーンを引けば自動的に布が巻かれて開けることが簡単なタイプです。最後のプルコード式です。布の中心にヒモが付いているタイプで、ヒモを引くと布が下がっていきます。

ブラインドのプリーツスクリーンタイプについて

ブラインドには様々な種類がありますが、その種類の1つとしてプリーツスクリーンタイプがあります。このタイプはブラインドと同じようにスラットで作られているものではなく、1枚の布をギザギザに織り込んだプリーツ加工がされているものになります。その為プリーツスクリーンを作る場合の素材は布では無理なので、ポリエステルや和紙などを使用して作られます。インテリアのデザイン性がとても強いタイプになります。スラットタイプのものはスラット自体の角度をかえることで、光の進入する強さを調整することができますが、プリーツタイプは1枚の素材でできているため細かい光調整はできません。開けるか締めるしかできないので、もし導入を検討しているのであれば、その特性をしっかり把握したうえでつける場所などもしっかり選ぶ必要があります。良く取り入れられる場所としては、居酒屋の窓や仕切り用として活用されることも多いです。

ベネシャンブラインドの特徴について

ブラインドの種類の1つとして、ベネシャンブラインドというタイプのものがあります。横型タイプのものであり、水平に組まれたスラットの羽部分が回転することによって、入ってくる光の量などを調整するタイプになります。スラット事態を開閉される場合はチェーンやヒモなどで調整を行い、光の強さを調整するためのスラットの開店はポールなどで調整することが多いです。オフィスなどにも良く見られるのがこのタイプのものになります。ペネシャンタイプは使用される素材自体がチタンコートやフッ素コートが多く、汚れが簡単に落とせる加工がされています。なので使用される場所として多く導入されるのが、お風呂場やキッチン周りなどの水回りがとても多いです。汚れにくく掃除自体も簡単という点や、素材の特徴としてさびにくいというなどが理由にあります。